最も売れた機種

iPhone 4sの発売以降、日本でも多くの方がiPhoneを手に取るようになりました。iPhoneが手軽に手に入るような環境が整った事もあり、国内で急速にガラケーの利用者が激減していきます。ユーザーの増加に合わせて、iPhoneのケースやケーブルなどの付属品がサードパーティーから発売されるようになり、使いやすい環境が整いました。日本国内だけではなく、世界中で同じようにiPhoneのシェアが拡大するようになっていきました。

そんなiPhoneシリーズの中で、最も売れたモデルが「iPhone 6」です。このiPhone 6は、約1億3,700万台という途方もない台数が販売されました。約1億3,700万台という数値は、Appleの公式発表ですので信頼度の高い数値となっています。

iPhone 6が売れた理由として考えられるのが、世界中でスマートフォンを扱うことができる環境が整った事や、ライバルのAndroid系のスマートフォンにスペック的に劣らなくなったこと、4.7インチという日本人にも持ちやすいサイズである事や、Retina HD搭載されながらも価格が16GBモデルで67,800円とコストパフォーマンスが高かったことなどが挙げられます。